オペラハウスとウォンバット

ワーキングホリデーで行くならオーストラリアがおすすめ

西洋人と日本人

ワーキングホリデーで行くことができる国はたくさんありますが、その中でも観光地でも有名なオーストラリアがおすすめです。ワーキングホリデーで行く国としておすすめな理由は、まず治安が良いことです。ここは子供を留学させるご両親がもっとも気にするところです。治安が良いことにこしたことはありません。次にアジアやヨーロッパ、中東などの様々な国からの移民が多いので多様な文化を受け入れる土壌があることです。
ただ事前に何の準備や情報もなくオーストラリアへワーキングホリデーで行ってもどうしてよいかわからず、ただ時間だけが経過し右往左往するだけです。そんな時は現地エージェントに相談しましょう。現地エージェントとはオーストラリアに常駐している現地でわからないことやおすすめの情報など様々なサポートを留学生向けに提供してくれる方たちのことを指します。
ではどんなエージェントに相談したらよいのかというと以下を基準にしましょう。日本と現地に支社があり、日本人スタッフがサポートしてくれるところ。オーストラリア専門で10年以上の実績があるところ。また、語学学校を無料で手配してくれるところも良いエージェントと言えます。そして、現地での生活相談や仕事・シェアルーム探しのお手伝いをしてくれるところもポイントが高いです。最後は、渡航前の準備から帰国まで無料でサポートしてくれるエージェントもおすすめです。全てそろっているところなら、大船に乗ったつもりで任せられる優良エージェントです。

オーストラリアへワーキングホリデーに行けば生活リズムも乱れない

ワーキングホリデーの大きな特徴は、海外で働きながら勉強できることです。そうなると、「家族と楽に連絡がとれるか」ということも気になるポイントになってきます。留学先を選ぶときにそこを外したくないなら、オーストラリアを検討してみてください。
オーストラリアは、日本と連絡が取りやすい国のひとつです。その理由は、時差がごくわずかしかないからです。日本の南にあり、飛行機で7~9時間の距離になっているオーストラリアは、時差が1~2時間くらいしかないため、時差ボケで悩むことがほとんどありません。これが、連絡のしやすさにつながる要素です。
時差の影響が大きすぎると、気軽に連絡をとることができず、悩むことも多くなってしまいます。自分がいる国では昼間でも、日本は夜かもしれないわけです。そうなると、スムーズな連絡はどうしても難しくなってしまうため、話したいことがあるときは、困ってしまいます。ワーキングホリデーでそうしたデメリットが気になるときは、オーストラリアのような時差の小さい国を選択しておきましょう。
そのためには、エージェントに相談することも忘れないでください。サポートを受ければ、オーストラリアでのワーキングホリデーが、より楽になります。

エージェントの力を借りてオーストラリアへワーキングホリデー

ワーキングホリデーは日本人が海外で生活する経験を得ることのできる便利な制度で、社会人でも留学して語学を学んだり、現地で働いて社会経験を積むこともできます。留学の際に人気の土地としてオーストラリアなどがあり、さまざまな都市で留学生を受け入れているため、どこに滞在しようか迷ってしまうほどです。
オーストラリアは基本的には温暖な土地ですが、日本より何倍も土地が広いため住む場所によって気候が異なることもあり、生活環境なども変わってきます。各都市や受け入れ先の詳しい情報を知るためにはエージェントに相談するという方法もあり、経験豊富な担当者がワーキングホリデーについて丁寧に教えてくれるところが多くあります。
ワーキングホリデーでは現地で働いて賃金を得ることができるとはいえ、オーストラリアまでの旅費や現地での生活費など費用についても気になるところです。具体的にどれぐらいの費用がかかるかといったことや、出費の項目などもエージェントを利用することで調べることができ、目的に合わせて最適な留学プランを提示してくれます。留学に興味のある人は情報を得るうえでの入口として、エージェントに相談してみてはいかがでしょうか。

ニュース

最新記事一覧

SITE MAP